« 3/26 | トップページ | 3/28 »

2007年3月28日 (水)

3/27 

<p> 利用希望の方とグループホームの見学同行、4月から利用する事になる。</p> <p> 特別養護老人ホームに就労の面接同行。昨秋できたばかりの新しく、とても明るく、設備も充実したきれいな施設で、」スッタッフも若くとても好感の持てるところでした。縁があるといいな!</p> <p> 就労希望者の相談。この相談者には彼氏がいて、現在、半同棲状態である。最初、市役所で本人と保護者からの相談では、あまりいい印象を持たなかった。本人も生活が乱れているように感じられたからである。就職をするには生活部分も重要なので、彼に会ってみたいと言うと、彼に話してみますということでその日は別れた。たぶん連絡は来ないだろうと思いながら待っていると。翌日に電話があり、会ってみたいということで、今日、自宅近くのファミレスで会うことになった。</p> <p> まだ、どんな彼だろうと疑心暗鬼しながら待っていると、約束の時間ちょうどに手をつないでやってきた。見た目は今時の青年である。</p> <p> 彼女が手帳を持っているのを知っているのかを聞くと(事前に彼女からは手帳を持っていることは知っていると聞いていた)知っていて、理解してるとのこと。私が就労支援をするということも理解していてくれた。いろいろ話を聞いていると、二人はとても自然でいい感じである。出会いがナンパであるということも知っていて、偏見をもっていた私であったが、素直に応援していきたい気持ちになっていった。雑談を交えながら、今後の支援の仕方を彼氏に説明をした。また、彼女が席をはずしたときに、彼が、彼女は計算が苦手で、時計がわからないから教えて欲しいと言われた。また、洗濯機の使い方、掃除機の使い方がわからないとも言った。それの言い方がとても自然でとても好感が持て、彼女に教えてあげたいとも思った。</p> <p> これだけ彼女を理解して、しかも自然に愛する事が俺にはできるだろうか?彼女が手帳を持っていてこれだけ自然でいられるだろうか?俺には自信がない。また、次の会う日の約束をして別れたが、帰りも一緒に手をつないで帰る姿に妙に感動をおぼえ、うれしい一日となった。また、偏見を持っていた事に恥ずかしいと思った。</p> <p>  </p> <p></p> <p></p> <p></p> <p></p> <p></p> <p></p> <p></p> <p></p> <p></p> <p></p> <p></p>

|

« 3/26 | トップページ | 3/28 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201095/40149568

この記事へのトラックバック一覧です: 3/27 :

« 3/26 | トップページ | 3/28 »