« 3/9 | トップページ | 3/10 »

2007年3月 9日 (金)

生活保護から思う

<p> 生活保護のワーカーとこの何日か話すことがあった。同じ福祉をしていてもずいぶん違う世界な感じがある。困っている人を純粋に助けたい、相談に乗りたいと思っていてもそれが通じない。なめられたり、脅かされたり、だまされたりしないよう。ワーカーは疑ったり、恐く演じたり、時には権力を使ったり、自分の本意ではない相談支援方法をせざるおえないことに悩んだり苦しんでいる。俺にはきっとできない。</p> <p> まだ、障害の方はそこまではいかない。しかし、ごまかしたり、ごり押しが多くなると生活保護のワーカーのような対応を取らざるえないようになるのかな?なんて考えてしまう。</p> <p>自立支援法は正直者が損をする制度になっていないだろうか?障害福祉全体がそうなっていないだろうか?とかく抜け道、テクニックの方法を教える支援している自分が嫌になることがある。正直に素直に支援をしたい。正直者や人のいい人がむくわれる世界になってほしいと思う。</p>

|

« 3/9 | トップページ | 3/10 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201095/40149548

この記事へのトラックバック一覧です: 生活保護から思う:

« 3/9 | トップページ | 3/10 »