« 旅日記 | トップページ | 4/10 »

2007年4月 9日 (月)

4/9

<p>&nbsp; 今日は、18年度の相談支援実績報告と新年度のご挨拶をかねて、行政回り。範囲は4市人口110万人である。事業設計された人口は30万人であるから、必要充分な支援ができているとは思えないが・・・・・ちょっと言い訳</p> <p> それにしてもどこの障害福祉課の窓口は混雑、職員も異動したばかりであったり、自立支援法の負担軽減やその他の申請などで、てんてこまい。本当に気の毒である。本当に事務手続きばかりで、相談やケースワークができるのか心配になってきた。</p> <p> 情熱をもってケースワークを行っていたワーカーの嘆きをよく聞く、そういう職員は今の行政の中ではダメなようだ。事務能力が優先されている。本当にこれでいいのだろうか? どこがおかしいのだろうか? 障害福祉がやる気のおきる仕事になっているだろうか?誰が悪いのだろうか? テーブルに向かっていい福祉ができるとは思わない。</p> <p> 私のことを他の相談員やワーカーさんがうらやましく思っている。こういう私は幸せかもしれない。 </p> <p>夜、グループホームに訪問。またまた携帯電話のトラブル。それにしても多い。</p> <p> </p> <p> </p>

|

« 旅日記 | トップページ | 4/10 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201095/40149586

この記事へのトラックバック一覧です: 4/9:

« 旅日記 | トップページ | 4/10 »