« 5/30 | トップページ | 5/31 »

2007年5月31日 (木)

余暇支援ワーカー

<p> 私の支援の中で余暇支援はとても重要な支援のひとつである。お互いを知るうえで、また、信頼をうるために余暇支援している。相談ごとだけだとせいぜい1時間がいいところ、しかも、無言が恐怖だけど、お互い同じ興味と目的があれば、言葉などいらないし、同じ空間、時間を長時間ともにできる。一緒に悪い事でもできればなおいい。ガイドヘルパーとは違う意味がある。一番は自分自身も楽しめる事。ヒフティーな関係である事が大切かもしれない。</p> <p> しかし、正確に言えば余暇支援ではないかもしれない。(支援と名づけないと行政などや上司に報告ができないから)支援している事はなにもない。(本当は余暇と言う言葉にも支援と言う言葉にもかなり抵抗がある。)ただ、一緒に楽しんでいるだけ、こもっていた方、友達が少ない方が私と一緒に出掛けて楽しければいいと思っている。</p> <p> 1回でも一緒に出掛けられただけで、ずいぶんとお互いの関係がかわり、自然な会話になる事を実感する。回数を重ねればより深まる。</p> <p> ちなみに、私が一緒に楽しめる支援は、鉄道関係、鉄道旅行、旅行、ドライブ、花めぐり、釣り、競馬、女性、スポーツ観戦(サッカー、ラグビー、野球等)、漫画喫茶、グルメ、コンサート(アイドル、ジャパニーズポップス)、町並み歩き、写真等・・・・・・・</p> <p> 楽しめない支援。クラッシックコンサート、美術館、博物館、演歌、お酒、まじめな映画</p> <p> 生活支援ワーカーは、就労支援ワーカー、グループホーム等支援ワーカー、コーディネーター、それに一番重要な余暇支援ワーカーの役割をすることができる必要があると思う。それに単なる友達として・・・・</p> <p> </p>

|

« 5/30 | トップページ | 5/31 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201095/40149657

この記事へのトラックバック一覧です: 余暇支援ワーカー:

« 5/30 | トップページ | 5/31 »